Feeds:
投稿
コメント

いやげもの。

リシケシ定例会

ガンガー側のアムリタカフェにて

マジカルなことが普通に起こる奇跡のような場所

ご飯も美味しい

今日は定例会のノートの上に

すわ!

蜂が来たーと思ったら、こんなお土産を置いて行ってくれました

ポトリ芋虫 要らないよう

蜂はどこかへ行った。

そんな毎日

日印の架け橋に

大貢献!!

お隣のお子さんとお友達が碁を。

ワシは碁が分からんので、たまたまいらっしゃってた日本人旅行者に教えてもらってました、五目並べ。

真剣じゃったよ

チェスはインド発だって

へー

向かいの家から聞こえて来る笑い声がうるさい 夜の1:30くらいまで間欠的に爆笑している 最近はリシケシも夜が気持ちよく、皆窓を開けている

異常な哄笑と言ってもよいくらいの笑い声である

字にすると

ギャッヒャヒャヒャ

ヒャーイヒョホホホホー

ブヒェアヒェアヒェ

ギョキャーキシャシャシャ

ビャハビャビャビャ

というような、人間離れした笑い声

猩々かくありなん

あまりのキテレツさに、警察を呼ぼうと思ったくらいである

しかしよく観察すると、どうやらテレビを見て笑っている インドのお笑い番組かなんかを見て、笑っているだけなのである

じゃあどうしようもないじゃないか。

なので1週間ほど堪忍していたが、うとうとしていたところを笑い声で叩き起こされて、緒が切れた

声をかければ届くほどの距離なので、ハロー!と言ってベランダに呼び出す

「すみません、笑い声が気持ち悪いので、笑わないでください」とは言えないので、「声が響くので窓を閉めてください」と言ってみたら、「Oh、Sorry」と言ってあっさり静かになった

悶々して必要のないバッドストーリーを妄想したり、恨んでみたり、イライラしたり、友達にメールして30分もネタにする前に、言ってみればよかったんだー!

オーソーリー

きっと物事は色々もっと簡単なはず。と思ったインドアルアル

どの番組を見て笑っていたのかは分かるけど、ワシのヒンディーの理解力ではそこまで爆笑できなかったのが悔しい

黒い目薬。

近くのものを見ていて遠くを見ると、すぐに焦点が合わない

いよいよ老眼が来ているので、目薬をさしている

そりゃあ長いこと働いてきたのじゃもの でもこれからもヨロシクデス

目薬もアーユルヴェーダのを使用中 結構色々

思わずジャケ買いしそうな、おっさんの苦虫噛み潰したような顔の絵柄とか

ワシが使っているのはコレ

カエルの鼻面に乗っている、チョコシロップみたいのが目薬です

点眼できないので、指先に乗せてまぶたに入れる

痛いんだコレが…!目も開けられないが、無理やり開けると、黒い涙が出て来てものすごくスッキリする 汚れも落ちるよ

コレが習慣になると、やめられないのです。本当に目に良いかどうかは、ハテいつ分かるのじゃろね

昨日よりオカエリ、19年後半始まりました

コロッケ定食は安定のコロッケ

夏の終わりはウリ科のお野菜が多いのだけど、ウリウリしたらウリウリ残り 長夕顔と冬瓜とティンダは違うお野菜よ!

日常をどこに設定するか、それが肝心と思った初日の昨日

お散歩したらいろいろリシケシ新しくなっていて、まず、ラクシュマンジュラは車両通行止め。地元の方と多少の旅行客のみが徒歩にて通行可、もう古いものですからね

トリップアドバイザーでも堂々のナンバルワンレストラン、Ira‘s Kitchen & Tea room が、元のとこから150メートルほど移動。メインローだから来て上がる坂道、そのままもうちょっと上。

むかーし有ったトゥルシーカフェが復活!タポヴァンの山肌側、これは説明難しいのでグーグル地図でチェックですな。

他にも気持ちの良いこじんまりしたカフェがあちこちに、そして雑貨屋が倍増。変わるものと変わらないものと

現象を経験することが最近の流行り

今季もよろしくどうぞです☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。