Feeds:
投稿
コメント

南インド。

のティルヴァンナマーライに来ています

暖かくて夢のよう

そして普通に起こる奇跡

さもありなんかくありなん

1/11満月 ハリドワールでプージャーをして出発 自分のためにお祈りをしてもらうのは初めてだったけど、儀式の大切さと影響は甚大 インドの智慧はすごいなあ

することに意味があるのと意味があるからするのと

最近主語と述語?原因と結果?相反するものの前後を入れ替えても結局は

同じということが分かった。楽になれよ

チェンナイの空港から大きなバス停CMBTまで電車が繋がってて便利になってました。空港でて右。

美しい場所

友人のガーデンへ。
リシケシからちょっと離れたところにある、ネイチャーキュアヴィレッジというオーガニックガーデンゲストハウス
一年くらい行ってみたいと思っていた場所

バイクで一走り

そこには小川とジャングルと気持ちの良いホテル、植えたけど生えているような木と野菜たち、可愛いワンコがいたのでした

ガンガーのそばの土地なので土が肥えているし、なにより水がある
小鳥と象が来るよ
とはオーナーの息子さんの言葉

ご飯は採れた野菜を使う 
朝のフレッシュジュースはただいま鈴なりのスイートレモン
お土産をたくさんもらいました中でも衆目 ブラックターメリック!
青色だけどブラックターメリック そして火を通すと紫になる
ターメリックの効能クルクミンがたくさん入ってるんだって
そして大きなバナナ!

新たな可能性を感じたのでした
こういう生活したいニャー 

ちょいと場所は遠いのだけど、ゆっくりのんびり何もしないで過ごしたい方にお勧め もう少ししたらアーユルヴェーダセンターも出来るって

恒例の断食。

時間のある時でないとできない断食を、時間があるのでする。食べること以上に自分実験なので、毎年の楽しみの一つである。
今年も2日の水なしを含む7日間の断食じゃったのじゃが、水なしについては諸説紛々というところ。水を飲まないと腸がくっつく、というご意見もあったが、経験として水なしの方が毒出し感が強いなー。
というわけで、ジュース→水→水なし→水→重湯/ジュース→回復食をゆっくり、という今回。ちくちく仕事だったりご本を読んだり、気持ちをご飯からそらせるととても上手にできました。一日一回ガンガーにお散歩&沐浴、寒い。途中思いがけないトレッキングに行って山水を飲んだり(水が飲める日で良かった)、お友達にご飯を作ったりもしました。なんとかなるもんだ。

感想。体が柔らかくなる。肌がつるっとする。心が落ち着く。考えが少なくなる。毒出しはなんだか、体の為だけじゃない気がする。

食べ始めて感じたことは、食べるということはエネルギーを消費し生産するということ。何にも食べてないとすごく寒いのだけど、食べ始めたら体が温かくなった。消化って運動だよ!あと食べたら食べただけ排出されるので、食べ物からとれる栄養ってホントはすごく少ないのではないかという疑念が浮かんだ。プラーナ☆

ただいま回復食真っ最中。体は正直なもので、少しでも食べすぎると胃酸が上がる。良いバロメーターである。おかゆを噛んで食べる。お気に入りは蕎麦。

油と糖は酩酊を誘う食べ物だということが分かった…カフェインとかアルコールに通じるものがあるよ 気を許して食べた少量の揚げ物で、一時間ほど瞼が半分ほどしか開かない錯覚と戦っていた やーばーいードーナッツ好きなのに!

断食最終日にお寺さんでお祈りもしてもらって、ワシ再誕。あらためて今年もよろしくです!

2020akemasite

2020ももう10日経つ
オカエリもお休みになって2週間 時が経つのはあっという間
昨年のご愛顧ありがとうございました

思い返すと2020秋冬、あの怒涛の日々は何だったのかと思うほど
夢を見ているようだった
精神世界とか運命とかをたくさん考えた季節でした
尊敬する友人マリコジの至言
「関係性におけるケミカルリアクションは、魂のスパンから見れば一瞬のことですよ、よくあることです」にひとしきり頷く

ご飯もたくさん作ったよ!お寿司のプレートにフムスが付いたよマヨネーズ!

いまさらの投稿、なぜかというと新年に投稿したはずが保留になったままで気が付いていなかったからです。

今年のテーマは愛。宜しくお願いいたします。

ご飯とバナナ。

新しいコンビネーションを発見。

リシケシはタポヴァンのランドマーク的レストラン、タットヴァにてのカシミーリプラオ230Rs

カシミーリと言うからにはナッツとドライフルーツとサフランでも入っているのかなあと思ったら、フレッシュりんごとパイナップルとパパイヤと、周りにバナナのトッピング。

斬新であった。美味しさは意見の分かれるところ。バナナとお米のコンビネーションはは悪くない。

お写真手前が緑に輝いて気持ち悪いけど、そのままでまあ良いや。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。