Feeds:
投稿
コメント

オープン前に千客万来。

オカエリ、お掃除始めています

お休みの間3ヶ月閉めてたからね、ちょこちょこ空気の入れ替えはしているとはいえ、やはり大掃除を敢行せねば

朝からキッチンの物全部出したり ペンキ塗ったり

汚れても良い格好なので、Tシャツは大きく「侍」と書いてある、外国人が日本土産に買って帰るやつ  インド人良人リッキーさんが買ってきたが、首回りが小さくて着てなかったもの  あと英語でSAMURAIって書いてある

大汗していたら「こんにちはー」と和女子 おしゃべりしてそしてそれから「こんにちはー」と和男子そしてそれからご家族団体様と韓国人カップルと和女子と和男子   誰も侍Tシャツに突っ込まなかったけど、きっと思ってる だってワシやったらつっこむもん「で、侍なんですか?」って

めっちゃ人居てる!今期早めに開ければよかったかーとプチ後悔   わざわざお越し下さった(坂道登るから汗だくになりますねん)かたがた、ありがとうございました  そして御免なさいでした  飲み水さえお出しできない有様

確かに川沿いのツーリストエリアには、外国人ツーリストも多々見受けられるのですよ  今年はなんだかスタート早め

でも一瞬ダラムサラ行って来ます

ご飯実験は上々   ご飯に入れる黒豆は炒ってから  葉っぱ納豆もできたよ  アイスコーヒーのオーダが結構あったので、氷がないので水出しして見ました

オカエリ2017は8/23からです!

エプロン発見。

急に雨が降ってきて飛び込んだハンドルームハウスatインド実家ランチー   ハンドルームハウスは、政府も応援している?(sponsored by the government)布屋さんで、手紡ぎ糸の布カディやブロックプリント、様々なシルクなど、布好きが幸せになれる場所   政府系カディのお店より、ちょっと可愛い目

まー雨を理由にしてお店に入ったと言うか、ここでは気を抜くと、魔法にかかったように布を買ってしまうのです なので普段は自ら出禁

しかし入ってしまった うふふ

ブラブラしてたらエプロン発見  可愛いデジャイン しかもなんですと!100ルピー!姪っ子にお土産とオカエリ用に早速購入  よく見たら、日本語のタグ

たまにアルアル  Made in IndiaのB級品が、どこをどう通ってかインドで売られているのです  リシケシにもあるよ ラクシュマンジュラのパンパーニッケルカフェのあたり  ダラムサラではバグスーロード添いに  あとデリーのサロジニナガルに多いと聞いた  ワシでも知ってるようなブランド品も売られてたりする  以前ユナイテッドアローズ有りました

帰って早速洗って糊を落とす  色落ちは全くしませんでした。これはすごいことですMade in India for Japan!

ブッダガヤで。

ビパッサナー瞑想で10日間色々遮断していたら、年季明けに自分のスマホに違和感を覚えましたよ。あと、ちょっとメールとかしたら目が痛くなるように。

良いことだと思います。

コースに参加してするビパッサナーは、体が心に与える影響がチッタヴリッティにローダラーで、ワシの中で胡坐のバリューが頭立ちより前に躍り出た。張り切って胡坐の練習をしだしたくらいである。極端に代謝が落ちる感じで、1日分の心拍数で一年を生きて、いざという時に若い姿に戻って闘う聖闘士星矢の紫龍の師匠を思い出した。

地元のおばちゃんおじちゃんも結構参加していて、途中すごくおしゃべりしていた。ちょっと目が合うと、ペロッと舌を出して笑う。自由度高め。ほんまはあかんのですけどね。

ブッダガヤのどこぞにあった、インドあるあるシリーズの意匠ゴミ箱(裏っかわがゴミ箱になってんの)。「で、どうだった?」と聞かれている感じ。切れ長の目が悟り感高しユーズミー。

季節のお野菜。

ライトセーバー。

お野菜の名前、チュチュンダと聞こえたがほんまじゃろか。モグラじゃなかったかしら、チュチュンダ。

日本ではヘビ瓜と言うらしい。ネーミングそのまま、1メートルくらい。ガワはシャクシャク、なかは気持ちフワフワ。やはりカレーになります。雨の季節はウリ科多し。

ふんどし。

わしはふんどし派なのです。

世に言うフンパン、可愛いのだけど、おトイレが紙ではなく水事情のインドでは、スパー!と開脚できる方が便利なのです。

で、ゴムかぶれし易いわしは必竟ふんどしと相成る。

そうすっとやはり上も合わせようという事で、アンダーウエアーは手作りなのです。だって売ってないんだもん。「下着も買えないのか?」と驚かれたことがあるが、そんな事はない。そんな人はわざわざデリーまでビール飲みに行かない。

で、時間のあるときにまとめて作るのだが、今回はスペシャル!なんと胸当ての胸にあたる方(二枚重ねなのね)が、タッサーシルク。以前インド実家ランチーのある州、ジャールカンドのシルク紡績所にてサリー用に購入、しかし錬成前なので、コシがありすぎてどうしようかと思っていたもの。一思いに切って見たら、上出来ではないですか。肌にあたるのは絹が良いと言いますしね。つけるのも作るのも楽ちんなのです。楽チンが良いと思うのです。背中もスカスカであせも出ないよ。

ちなみに黄色い方がシルク。しゃりしゃりしよる。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。