Feeds:
投稿
コメント

頂き物。

なんだか本日、素敵なお届けがありました。プレゼント。みなさん、暑くなっちゃっていよいよリシケシを出る季節なんじゃろな。

それにしても盛りだくさん!勿体無いので、テイクフリーにさせていただきましたよ。おかえりに来られたラッキーさんが、サンサンゴゴお持ちになりました。みほさん(だったはずだ!) ありがとうございました☆

仔牛より。

先だっての新月の朝、お隣さんの牛にお子が生まれました。

口が妙に人っぽいのは、生まれたてだからだそうな。安産だったそうです。よかったね。

赤ちゃんを産んだあとすぐの牛乳は温めると分離してしまうので、お砂糖を入れてオヤツにするそうです。キース。ものすごく栄養があると。そりゃそうだろう。

仔牛のミルクをおすそ分けいただいた。

ほんのり甘い、プリンみたいな味。

吉祥。

お水を飲んだコップの底がオーム。

カモス。

最近めっきり暑くなり、リシケシよりエヴァキュエートする旅行者が沢山。だって日中41度ですもの。

なのでオカエリもだいぶ緩やか、ワシもそろそろ倍速解除です。しかし依然として、お米をどれほど炊きますか、と言うことは毎日の難問題。この間はお寿司の日にちょっと多めに炊いてしまいましたよ。

なので醸した、コメ酒

お米にマルチャという酵母を振って混ぜ、放置。今回は4日で出来上がり。ネパールやシッキム、はたまたジャールカンドで作られる、ローカル酒。これを煮物に入れると、断然美味しくなるのです。

今回は甘めの仕上がり。美味しくなあれと言い続けてみました。

うふふふふ。

啓蟄危険。

啓蟄なぞはとっくに過ぎ、日中の暑さに虫たちは再び土穴に潜り込んでいるはずだが、夕方、熱が薄れた頃のそぞろ歩きは人と同じことなのでしょうな。

サソリに刺されました、たぶん。

大層心配されるだろうが、もう大丈夫なので、ネタになりました。

夕方の山道、調子に乗ってチャッパル(サンダル)で歩く。右の土踏まずの内側がチクリとする。ギクリとする。ちょっとした未経験のチクリ感だったので、多少焦る。同行二人の友人に気取られてはならない、いらぬ心配は無用の長物。この時点でチクリの原因は分からず、トゲか毛虫だという認識。歩いていると、痛みはふくらはぎの内側を通り上へ。膝で一旦拡散し、さらに上へ。鼠蹊部にて拡散、痛みの一端は逆の足の膝へ、もう一端は左肩へ。ちょっと動悸がドキドキ。

でもそのあとご飯を食べる予定だったので、お腹も空いてたので、普通に食べた。ホーレン草練り込みパスタトマトソース、美味しかったです。

しかし足は痛い。レストランのキッチンからターメリックをもらって塗ってそしてレイキ。

歩けはするのでテクテク帰っていたら道にサソリを発見。ワシ驚く。

「わー、もしかしてサソリかもー」

ネットで「サソリ 刺される 毒」などと調べたら、ああ、たぶん私はサソリに刺されたのでしょうね、ということになりました。症状いっしょ、軽微じゃったけど。

最終、刺されたところがなんかブリブリ勝手に動いて(サソリの神経毒は痙攣を引き起こすそうな)、足の親指も見たことのないダンスを踊っていて、そこだけエクソシストみたいじゃった。ニームオイルとカイラスジーバン、シルクで当て布をして包帯巻いて、マントラ唱えてレイキ。そしてペインキラーw 翌日昼には痛みもだいぶ治り、現在は完治。患部はちょっと痒い。そして硬い。

夜道のお散歩はちゃんと足元照らして、山道なめたらあかん、という事を今更ながら身につまされました。ハワクンびっくりさせてごめんなさいでした。

わーわー言うてたら、リシケシ在住の先輩方、結構噛まれてた。普通か!

こんな感じ。皆様もお気をつけ下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。